« 首相ら、社会保険庁の公的年金保険料の納付記録漏れ問題で夏季賞与一部返納 | トップページ | 慰安婦決議案、米下院委で可決される »

2007年6月26日 (火)

ミンチ偽装、温泉爆発、コムスン不正、とかで思うこと

これらに共通するのが、「利益至上主義」かな。企業の永続性を追求すると、顧客、従業員、資本家でバランスの取れた経営に行き着くはずですね。
このバランスの上に立っての「利益追求」が当然求められます。それが、また、企業価値の向上にもだと思うのです。ミンチでは会社整理ですね。これだけ、ニュースネタになったいるので損害賠償請求が多発すると思うので「利益パー」で・・・。
温泉も天然ガスの指摘を無視して、「ドカーン」で3人亡くなられました。天然ガスということで軽く見ていたのでは。都市ガスの成分であるということを知らなかったのかな。
コムスンは、介護時間などで他の業者が行わない早朝深夜もしていたようですね。でも、それで、不正が許されるわけではなく、退場。
ガス器具事故で松下電気は回収活動を今期強くしておりますが、パロマは対応のまずさでダメージが大きいようですね。
法令遵守、顧客満足度第一、とかのところが成長を続けて行くように思います。従業員をこき使っているとこの2つの質が低下していくようです。経営者の方、よく考えてくださいね。庶民を忘れないでください。下っ端の従業員のことを忘れないでください。下請あっての大企業だいうことを。潰れて解る下請の大切さでは困ります。
「顧客満足度第一」ではなく、「職員第一」の典型が社会保険庁で過去からの負の遺産が噴出して今の職員だけに責任を取らせるとかいうのは問題ですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 首相ら、社会保険庁の公的年金保険料の納付記録漏れ問題で夏季賞与一部返納 | トップページ | 慰安婦決議案、米下院委で可決される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首相ら、社会保険庁の公的年金保険料の納付記録漏れ問題で夏季賞与一部返納 | トップページ | 慰安婦決議案、米下院委で可決される »