« 男性の喫煙率で初めて4割を切る、女性はイマイチで「横ばい」 | トップページ | 社会保険庁における年金記録ミス、膨大な量に »

2007年5月19日 (土)

国立大病院職員組合が調査によると44%が「看護師やめたい」 で、対策は?

5月19日に朝日新聞のサイトで読みました。相変わらず、厳しい状態のようですね。病院の病棟勤務だと「夜勤」があります。日勤をこなしてその8時間後から深夜勤となる勤務が月に3~4回あると答えた看護師が36%いるのですね。この勤務の実際の空き時間は8時間ないですね。引き継ぎなどで短くなって休養ができずに深夜勤のようです。厳しい。
年休も取ってないというより、取れない。国立病院のことではないところでの話→「年休をとるとそこの人員に余裕がある」と判断する管理者がいるようです。そして、人員削減らしいです。これなど、労働関係法令の明白な違反ですね。
ある雑誌には「現代版女工哀史」とまで書かれていました。待遇の改善が必要ですね。人員の余裕が第一かな。ここでも、結婚出産しても働きやすい職場環境を。これは、女性医師でもいえることかな。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 男性の喫煙率で初めて4割を切る、女性はイマイチで「横ばい」 | トップページ | 社会保険庁における年金記録ミス、膨大な量に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男性の喫煙率で初めて4割を切る、女性はイマイチで「横ばい」 | トップページ | 社会保険庁における年金記録ミス、膨大な量に »