« 「こどもの日」に思うこと | トップページ | 顕微鏡と望遠鏡 »

2007年5月 6日 (日)

エキスポランドでのジェットコースター事故で思うこと

5月5日に大阪のエキスポランドでジェットコースターで事故があり、一人の方が亡くなられました。ご冥福をお祈りします。
事故機は「車軸が破断」したため脱線したということです。例年は2月の定期点検の際に分解しておこなう点検もしていたが、今年は開園35周年記念の新アトラクションをつくるため、時期を遅らせて、今月15日から分解点検をする予定だったというのです。
ここで思うのが、なぜ、早めて昨年後半におこなっていなかったのか。1年以上期間が空くわけですね。それを1年未満の期間に縮めることを考えなかったのかということです。
まあ、間の期間を縮めても事故が起こる場合はあるかもしれませんが、発見の確率は高くなっていたでしょうね。点検の回数が多い方が危険性が低下するのにね。
なにか、このような空白期間に事故がよく起こっているように感じるのは気のせいでしょうか。
いままで、事故がなかったので根拠なしの「大丈夫」と思いこんでいたのかもしれませんね。事故はいつ起こるか判らないと気を引き締めたいですね。
仙台で中学校教諭が飲酒運転で検挙されていますね。「自分は大丈夫」という根拠のない思いこみがあったのでしょう。これと五十歩百歩でしょうか。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「こどもの日」に思うこと | トップページ | 顕微鏡と望遠鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「こどもの日」に思うこと | トップページ | 顕微鏡と望遠鏡 »