« 国連の拷問禁止委員会の日本への勧告「代用監獄制度の見直し」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その2「味覚や嗅覚に対する影響」など »

2007年5月25日 (金)

5月31日は「世界禁煙デー」

今年も禁煙デーが近づいてきましたので昨年同様「タバコの害」についてしばらく続けたいと思います。
まずは「ニコチン」についてです。
あるホームページによりますと、
たばこの三悪、ニコチン、タール、一酸化炭素(http://www2.health.ne.jp/library/0500/w0500019.html)を見るとニコチンについて次のようになりました。
「ニコチンは青酸に匹敵する毒性を持ち、極めて短時間に吸収されます。」、また、「ニコチンには、中枢神経興奮・抑制作用や、血管収縮、心拍数増加などを引き起こす作用などがあり、現在では依存性薬物と認められています。」もありました。
依存性薬物であるから禁煙が辛いのです。
血管収縮作用がありますね。ニコチンの場合は全身で起こるのでしょうね。そうすると、脳への血流も減少することに、でも、減少すると困るところへは心臓を酷使して維持しようとするようですね。
心臓に負担がかかり、心筋梗塞などの引き金になるというのです。これは吸い始めたとたん始まり、吸い続けている限り心臓への負担の増加は続くのですね。
そのほか、血管に対しての影響は就職だけではないそうです。特に動脈硬化などがあるとさらに体に良くないですね。
精神面での作用についてはいろいろあるので控えておきますが、「ニコチンなし」の状態で問題は一切起こらないですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 国連の拷問禁止委員会の日本への勧告「代用監獄制度の見直し」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その2「味覚や嗅覚に対する影響」など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国連の拷問禁止委員会の日本への勧告「代用監獄制度の見直し」 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その2「味覚や嗅覚に対する影響」など »