« 顕微鏡と望遠鏡 | トップページ | 各地で真夏日、暑いですね。 »

2007年5月 8日 (火)

旧日本軍慰安婦問題、アメリカ下院での決議案共同提出者100人を超す

5月6日に日経にでていた少し古い記事にあったものです。
安部首相が訪米して、「従軍慰安婦」についての記者会見まで行ったにもかかわらず、共同提案者が増えていますね。どうしてでしょうか。
「謝罪」が首相談話とかいう形でしか行われていないからだと当初からの共同提案者のマイク・ホンダ議員が話していたと日経か朝日のどちらかで読んだ記憶があります。
首相談話というのは、首相が替われば「変わる」可能性があるというのです。
アメリカが太平洋戦争中の日系移民収容に対する謝罪と補償をしましたね。それと同様の方法を求めているようです。国会で法律を制定して謝罪と補償ということのようです。
共同提案者が100人を超すような今の状況ですと、アメリカ下院で「旧日本軍によるいわゆる従軍慰安婦問題で、日本政府に謝罪を求める決議案」が成立する可能性が高いようですね。
安部首相の靖国神社春の例大祭での「供え物」の出費は「私費」からなのですが、韓国は「参拝」と同じように見ているようですね。
アメリカでの法案審議に悪影響(可決の方向に)を与えた可能性が大きいと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 顕微鏡と望遠鏡 | トップページ | 各地で真夏日、暑いですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 顕微鏡と望遠鏡 | トップページ | 各地で真夏日、暑いですね。 »