« 喫煙者の意識の一端、「健康よりニコチン」意識 | トップページ | 国連の拷問禁止委員会の日本への勧告「代用監獄制度の見直し」 »

2007年5月23日 (水)

日本軍の慰安婦問題、軍による強制があったという人、なかったという人、で、被害者はどうなのですか。

5月21日に朝日新聞のサイトで「慰安婦問題で日本に謝罪求める決議 ソウルで関係者会議」という見出しの記事を見つけました。記事の内容の方は日本の一部にある「慰安婦問題で旧日本軍の関与と強制性を認めた93年の河野官房長官談話を見直そうとする動きに反対し、日本に公式謝罪と賠償を求める決議」を採択したとかです。アメリカの下院決議案の可決を促進するというものです。
日本でも、原爆については「忘れまじ原爆」として原爆被害の風化を防ぐ努力がなされていますね。北方領土も忘れていないですね。被害を受けた方は忘れないのでね。
日本軍が日本以外してきたことについても現地の人々は同様に忘れないということですね。
とすると、被害者が「強制があった」といっている。まあ、強制された、あるいは強制と同様の状態におかれたといっているのです。
司馬遼太郎氏は「日本軍の行為は中国や朝鮮などでは1000年経っても忘れられない。」というようなことをいわれていました。
前にも書きましたが、エルサレムを紹介したNHKスペシャルで現地のパレスチナ人が十字軍に殺された先祖のこと話していました。
健忘症の方々へ、「被害者は忘れないのです。」

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 喫煙者の意識の一端、「健康よりニコチン」意識 | トップページ | 国連の拷問禁止委員会の日本への勧告「代用監獄制度の見直し」 »

コメント

>>健忘症の方々へ、「被害者は忘れないのです。」
韓国人の売春婦が被害者? 
貧しくて売春を余儀なくされた人はいるでしょうが、なぜ取り立てて問題にするのでしょうか。
当時日本人の売春婦も大勢いたし、今でも韓国を含む世界中に大勢の売春婦はいます。

投稿: やまぐち | 2007年5月24日 (木) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喫煙者の意識の一端、「健康よりニコチン」意識 | トップページ | 国連の拷問禁止委員会の日本への勧告「代用監獄制度の見直し」 »