« 「離婚後300日以内に生まれた子は・・」規定の見直しの法案を与党が提出へ | トップページ | 「赤ちゃんポスト」の設置を熊本市が慈恵病院に許可 »

2007年4月 4日 (水)

韓国で禁煙村が出現し、保健所も検診などで応援

4月4日に朝日新聞のサイトで見つけた2日の記事にありました。
人数は少ないですが、村全体で「禁煙村宣言」を出したというものです。喫煙者全員が保健所に禁煙誓約書を提出、村のあちらこちらに禁煙を誓う垂れ幕も掲げているということです。
韓国の喫煙率は2006年に27.3%まで下降しているということです。そして、ある方は「今じゃ、喫煙者は韓国で人間の扱いを受けないから」と、禁煙継続に意欲をみせていたとのことですが、実際は食事が美味しくなったこと、体が軽く感じるなどの方が大きいのでと思います。
この宣言、「自発的」と記事の中でありました。日本でもこのような地方公共団体が出てきてほしいですね。子どもの喫煙の減少に繋がると考えられます。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「離婚後300日以内に生まれた子は・・」規定の見直しの法案を与党が提出へ | トップページ | 「赤ちゃんポスト」の設置を熊本市が慈恵病院に許可 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「離婚後300日以内に生まれた子は・・」規定の見直しの法案を与党が提出へ | トップページ | 「赤ちゃんポスト」の設置を熊本市が慈恵病院に許可 »