« 横浜の14歳男子がタミフル服用せずに異常行動 | トップページ | 「国際機関の選挙に勝つぞ!」と外務省に「選対委員会」 »

2007年3月31日 (土)

教科書検定について

3月31日のニュースでこのことがありました。
理科で記号を国際標準にあわせることとかあったり、大学水準の事項を含むものから漫画でというものまであるというのです。
これは、学力の二極化現象に対応したためとか。でもね、先日書きましたように「学力上位」層でも?の学力が多いですよ。そして、下位層の不勉強は徹底しているから「漫画」でとかになったのでしょう。
どうして、どちらも勉強しなくなったのか。この勉強とは「受験のため以外」の部分も含みます。好奇心からとかですかな。よく考えてみてください。
今日の本題、「検定」ですね。また、歴史教科書ででていますね。「南京事件」、日本軍が入城してから起こったのですね。多くの人が殺されました。中国人は1000年経っても忘れないでしょう。そのあたりを踏まえた検定になっているのか疑問です。
沖縄の集団自決、日本軍が住民を引き連れて逃げ回った結果、起こったことですね。どうして、連れ回さなければならなかったのか。普通なら「足手纏い」のはずですがね。日本軍が「機密」としていたことが筒抜けというのはよくあったことです。アメリカの偵察力なら大体居場所は掴んでいたのでしょうね。命令を出したかどうかより、「なぜ連れ回したのか」を問題にしてほしいですね。
どうして、住民に「生きて虜囚の辱めを受けるな」を心理的に強要されたのと同じような状況にさせたかということです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 横浜の14歳男子がタミフル服用せずに異常行動 | トップページ | 「国際機関の選挙に勝つぞ!」と外務省に「選対委員会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜の14歳男子がタミフル服用せずに異常行動 | トップページ | 「国際機関の選挙に勝つぞ!」と外務省に「選対委員会」 »