« 「モノづくり」の大本は? | トップページ | ミスなし人生はあり得るのか »

2007年3月 1日 (木)

暖冬でしたね。今年の夏の雨量は?

3月1日の気象庁の発表によると「暖冬」に尽きるようですね。降雪量が北海道が例年の約68%とか北陸では約8%だというのですね。
その結果、雪解け水も激減ですね。今後の雨量次第では夏になるまでに「水不足」ということもあり得るわけです。
この暖冬の原因は「エルニーニョ現象」からだというのですが、なぜ、エルニーニョ現象が起こったのか。
やはり、温暖化かな。シベリアでは例年より暖かく、川の氷が薄いということでした。このため、「氷が割れてトラックが川の中に」とかサハリンでは「釣り」の最中に氷が割れて、起きに流されたとか。南極では、ある地域の氷が予想より早く消えてしまったといいます。
このまま、太平洋高気圧が強くなりますと、日本がこの高気圧の真下に来る事態も起こりえますね。サハラ砂漠を作っている高気圧と同類のはずです。「雨は?」ということになるのでは。そして、アメリカの大平原(穀倉地帯)も同様の危機が起こりえます。
温暖化対策は、ある意味「待ったなし」になってきているのでは。ブッシュ大統領がアルコール利用とかほざいていましたが、大平原の雨量が激減すれは、穀物を燃料に回す計画は潰れるでしょうね。そして、日本は「食料輸入は大丈夫?」ということに。
昨年はオーストラリアで大干ばつが起こりました。今年はどこで?
怖いですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「モノづくり」の大本は? | トップページ | ミスなし人生はあり得るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「モノづくり」の大本は? | トップページ | ミスなし人生はあり得るのか »