« 「たばこ吸いたい」小中高生がほぼ半減、文部科学省調査発表 | トップページ | JR東日本、18日から東北、上越、山形、秋田の各新幹線と、特急33本を全面禁煙 »

2007年3月16日 (金)

ライブドア事件、堀江被告に懲役2年6カ月の実刑判決

3月16日にライブドア前社長の堀江被告に対して懲役2年6カ月の実刑判決が出ました。
検察主張の通りの事実なら、これでよいかもしれませんが「?」が残ります。
ところで、このライブドア事件より高額の粉飾をした日興グループも「損失額を隠蔽(いん・ぺい)する過去の粉飾決算事例と異なり、飛躍的に収益を増大させている企業の姿を示して投資判断を大きく誤らせた」ことには変わりがないと思うのです。もっとも、損失の粉飾」も投資家を欺くという点では同じですね。どうして、このような「二重基準」が出てくるのでしょうか。
ライブドア事件でこれだけの判決になるのなら、他にも刑事事件となってもよい事件はあると思います。
電子メールの証拠性ですが、どの程度あるのでしょうか。送信アドレスとかの改ざん、日時の改ざん、ですね。ですから、ファイルで「pdf」がよく使われるのですね。これでも、PCの日付を変えれば、作成日時を違えることが出来るはずですね。公正な第3者のサーバーなどに残っておれば、日時などに関しては証拠性が高いでしょうね。
なにか、他の事件について考えると腑に落ちないことが多い判決になりました。
明日は遅くなると思いますので、お休みさせていただきます。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「たばこ吸いたい」小中高生がほぼ半減、文部科学省調査発表 | トップページ | JR東日本、18日から東北、上越、山形、秋田の各新幹線と、特急33本を全面禁煙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「たばこ吸いたい」小中高生がほぼ半減、文部科学省調査発表 | トップページ | JR東日本、18日から東北、上越、山形、秋田の各新幹線と、特急33本を全面禁煙 »