« ライブドア事件、堀江被告に懲役2年6カ月の実刑判決 | トップページ | 受動喫煙被害者から見る日本の状況 »

2007年3月18日 (日)

JR東日本、18日から東北、上越、山形、秋田の各新幹線と、特急33本を全面禁煙

3月18日本日よりJR東日本は東北、上越、山形、秋田の各新幹線と、特急33本を全面禁煙となりました。但し、寝台列車とJR他社管内につながる特急が除かれています。この例外処置は「残念」です。
学校敷地内全面禁煙によって、小中高生の「煙草を吸いたい」と思う割合が減少してきます。路上喫煙も各地で条例によって規制されるところが増えています。
列車は閉鎖空間ですね。受動喫煙の危険性が著しく高い状態です。車両毎に区別しても行き来できるのであれば、通路を通って流れ込みます。ですから、鉄道は公共の場でもあるので全面禁煙であるべきです。
まあ、その全面禁煙に近づく決定であると評価できると思います。今後、出来るだけ早く、駅も含めて全面禁煙に踏み切ってほしいです。
これに比べると、どこかは全面禁煙だったと思いますが、他のJRで対応の鈍いところもありますね。
JR九州も18日から半分の特急を全車禁煙にするのですが、JR東日本みたいに昼行特急全面禁煙にしてほしかったです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« ライブドア事件、堀江被告に懲役2年6カ月の実刑判決 | トップページ | 受動喫煙被害者から見る日本の状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブドア事件、堀江被告に懲役2年6カ月の実刑判決 | トップページ | 受動喫煙被害者から見る日本の状況 »