« 健康維持に、スポーツ科学で効率的に筋力・代謝アップを | トップページ | 「臭いものに蓋」体質、「健忘症」体質日本 »

2007年3月26日 (月)

イギリスが奴隷貿易を禁止してから200年 市民が「鎖の行進」

3月25日でイギリスの議会で奴隷貿易を禁止する法律が成立してから200周年になるというのです。奴隷の苦しみを追体験する「鎖の更新」などの記念行事が各地で開かれたということです。そして、ブレア首相は『昨年11月、英紙に投稿し、「(奴隷制を)深く恥じる」と遺憾の意を表明。今月7日、訪英したガーナのクフォー大統領との共同記者会見で「改めて申し訳なかった」と謝罪した。』のです。
最近になって、広がる人身売買にも目を向け、さらに『内務省は23日、暴力団などが仲介する売春や他の低賃金労働を「現代の奴隷制」と位置づけ、厳しく取り締まるための新たな行動計画をまとめた。』ということです。
もう200年も前のことですが、気を抜くと「現代版奴隷」が増える恐れがあるとして、過去への謝罪と現代への戒めの行動をしたものだと思います。
被害を受けた方は「忘れない」ということを理解できているからできる行動でしょうね。
『3月24日付の米紙ワシントン・ポストは「安倍晋三のダブル・トーク(ごまかし)」と題する社説を載せ、拉致問題に熱心な安倍首相が従軍慰安婦問題には目をつぶっていると批判した。首相に「拉致問題で国際的な支援を求めるなら、彼は日本の犯した罪の責任を率直に認め、彼が名誉を傷つけた被害者に謝罪すべきだ」と求めている。』と朝日新聞のサイトにありました。詳しくは朝日新聞でね。
こちらは『被害を受けた方は「忘れない」ということを理解』できていないのでしょうね。
前にも書きましたが、NHKの番組の中でパレスチナのある人が1000年前の十字軍で先祖が殺された話をしていました。司馬遼太郎氏も「日本軍は朝鮮や中国で1000年経っても忘れらないことをした。」と「雑談 昭和への道」で述べられていました。
だから、イギリスは奴隷貿易に関わっていたことを忘れないために「鎖の行進」などの行事をしているのでしょう。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 健康維持に、スポーツ科学で効率的に筋力・代謝アップを | トップページ | 「臭いものに蓋」体質、「健忘症」体質日本 »

コメント

イギリス人らヨーロッパ人は世界各地で残酷な奴隷貿易を平然と行なった。彼らはたくさんの無実の民族を虐殺したあげくに、五百年たってようやく悲しみを感じるなどとウソをついている。当時、たくさんの日本人も強制的に奴隷として殺されていった。ヨーロッパ人は今では強制的に新井泉さんを二十四時間中暴行虐待して殺害している。こうした残虐な犯罪を喜んでやっている彼らが五百年後に悲しみをちょっと感じてもなんにもならない。残虐な犯罪だとわかっていながら平気で凶悪犯罪を犯している彼らはまさに悪魔そのものである。

投稿: 知枝 | 2007年4月 5日 (木) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康維持に、スポーツ科学で効率的に筋力・代謝アップを | トップページ | 「臭いものに蓋」体質、「健忘症」体質日本 »