« 「結婚・子供2人、健全」という柳沢厚労相の発言 | トップページ | テレビ番組の内容の信頼性について »

2007年2月 7日 (水)

歩道は誰のもの

2月7日のNHKクローズアップ現代は「歩道が危ない ~相次ぐ自転車事故~」で放送されました。
舗道上での歩行者と自転車が衝突する事故が急増しているというのです。現実に死亡事故も。
自転車は「軽車両」で車の位置づけですね。世界的には車道を走っています。日本では昭和45年に車道での事故の増加を受けて、標識がある部分での通行が認められるようになったというのです。そして、歩行者優先でね。
ところが、我が物顔で走る自転車が増えて事故が増えているということです。
原因の一つが自転車のための部分の整備がなっていないことかな。もっとも、歩道に乗り上げて駐車しているのもありますので、自転車専用部分もしっかり取り締まりしないと駐車場みたいになりかねない国ですね。この例でも分かるようにモラルの低下も大きな原因でしょうね。
保守政権が続きすぎた歪みかも。この政党の有力支持者のなかには、談合の建設業界なども含まれますし。自分たちだけが良ければという考え方ですね。国全体、世界の中の日本とかの意識欠如。この延長線上がモラル低下かな。
交通安全教育も大切ですが、教育が現実と関係ないというような風潮も影響しているかも。医療関係者、スポーツ関係者に見られる喫煙。大学などで何を学んできたのでしょうか。「実際に痛い目に遭わないと分からない」という教育への意識も関係しているかも、教室での学習では理解しようとしないことかな。
歩道を歩行者に取り戻す取り組みを大々的にしてほしいですね。それと、歩道の増設を。歩道が少なすぎる、狭い、何とかしてほしいです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「結婚・子供2人、健全」という柳沢厚労相の発言 | トップページ | テレビ番組の内容の信頼性について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「結婚・子供2人、健全」という柳沢厚労相の発言 | トップページ | テレビ番組の内容の信頼性について »