« 日興コーディアルグループの不正会計問題とライブドア不正会計問題 | トップページ | 柳沢厚生労働相の発言「女性は子どもを産む機械」の奥底にあるもの »

2007年2月 1日 (木)

東京電力の原発故障隠しや宝塚線脱線事故原因で思うこと

東京電力で過去のトラブル隠しの調査で「故障隠し」が発覚しましたね。
なぜ、このようなことが行われたのか。その原因ですが、JR西日本の福知山線の事故の要因と関連があるかもしれませんね。
その原因とは、「無意味で執拗な責任追及」。
トラブルはある意味、起こって当然です。「完全無欠」なんてあり得ないです。トラブルが起こったとき、なぜ起こったのか、どう対応するのか、そして同じことが再び、起こらないようにするためには制度や設備などをどう改善するべきかを考え、改善することにあると思います。
2月1日のニュースでJRの事故のことでの宝塚線脱線事故意見聴取会でJRの副社長が『ダイヤも「余裕時分は弾力的な運行ができるよう設けており、なくても標準的な方法で定時運行できる」と説明。安全管理体制の妥当性も強調した。』というのですね。常習的に遅れが出ていたというのにね。このような態度が事故やトラブル隠しに繋がり、大きな事故を誘発したと思います。
「東京電力の原発故障隠し」は故障を申告したとしても修理期間の運転停止では済まないような制度になっていたのかな。緊急炉心停止装置は原子力発電所の命綱みたいなものなのでその関係する部材の故障は隠すことが多い東京電力でもやはり直ぐ修理したということです。
日本は、いろいろな場面で「無意味で執拗な責任追及」がおこなれて、結局、個人の責任にされ、制度や設備等の改善がなおざりにされるケースが多いと思います。その結果の一つがあのJR宝塚線の事故だと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 日興コーディアルグループの不正会計問題とライブドア不正会計問題 | トップページ | 柳沢厚生労働相の発言「女性は子どもを産む機械」の奥底にあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日興コーディアルグループの不正会計問題とライブドア不正会計問題 | トップページ | 柳沢厚生労働相の発言「女性は子どもを産む機械」の奥底にあるもの »