« 「挽回できる」61% 25~35歳、朝日新聞世論調査 | トップページ | 旧満州・中国人捕虜強制労働、関東軍が賃金不払い明文化 »

2007年1月 7日 (日)

冬の嵐、増加中?

昨年の11月頃でしたか、低気圧が北海道付近で猛烈に発達して、漁船が転覆して沢山の方が亡くなられたことがありましたね。
また、北海道では竜巻、こちらも沢山の方が亡くなられました。
そして、今回、凄い嵐になっていますね。新潟県湯沢町のスキー場ではゴンドラが強風で停止して約3000人ほどが下山できなくなっているとか。
台風なみか、それを上回るぐらいの暴風になっていますね。どうして、ここまで発達するのが目についてきはじめたのか。
これも、地球温暖化との関連がないとはいえないと思います。寒気と暖気の接する不連続線での温度差がどうなっているのか。大きくなっているのでは。
ニューヨークでは1月になっても暖かめで本日のニュースでは20℃を超えたとか。温暖化ですね。
ブッシュ大統領が京都議定書からの離脱を宣言してアメリカの取り組みが州段階などになって、国全体として停滞したことも影響しているかも。
ブッシュのおかげでアメリカの自動車企業はなかなか苦境から脱出できませんね。
気象状況に変調が現れやすくなってきているのではと思います。一番の要因は「温暖化ガス」の増加でしょうね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「挽回できる」61% 25~35歳、朝日新聞世論調査 | トップページ | 旧満州・中国人捕虜強制労働、関東軍が賃金不払い明文化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「挽回できる」61% 25~35歳、朝日新聞世論調査 | トップページ | 旧満州・中国人捕虜強制労働、関東軍が賃金不払い明文化 »