« 乳幼児手当、1.5―2倍に増額へ・厚労省調整 | トップページ | 慢性閉塞性肺疾患、「タバコが原因」の理解進まず・ファイザーなど調査 »

2006年12月 3日 (日)

お米はヘルシー

始めに断っておきますが、「人間の食料で食べ過ぎても良いものは一切ありません。ビタミンも過剰症が見られたりします。」というものです。
12月3日の日経「SUNDAY NIKKEIα」の健康面にある「食と長生き」で「米は長寿の源」そして「野菜混ぜヘルシー」との見出しで記事がありました。
「中国新彊ウイグル自治区のシルクロード沿いの町トルファンに特に元気なお年寄りが多い」とありました。中国の中でももともと中国新彊ウイグル自治区は高齢者の割合の高いところだそうです。
その食事を見ると「米」をうまく利用しているというのです。少量の米に、焼いて脂肪分を落とした羊肉、タマネギとにんじんを入れて1時間ほど煮込む。味付けは少量の岩塩だけだそうです。
他に干しぶどうやプルーンなどもよく食べるそうです。シsカバブーという肉料理と合わせると理想的な食事になるというのです。
日本は米の消費量が減少してきましたね。長じた大国日本を支えてきた米の消費量が減っているのです。野菜や果物も沢山食べながら、米も食べるというのはどうでしょうか。
近年、日本人の摂取カロリーは減少しています。その大部分が炭水化物です。脂肪やタンパク質の摂取割合は増加しており、生活習慣病などのリスクが高まってます。
日本人がアメリカなどで現地の食生活を続けると糖尿病発症率が国内の約2倍になるそうです。
脳の神経細胞の活動源は炭水化物のグルコースだけです。炭水化物を見直しましょう。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 乳幼児手当、1.5―2倍に増額へ・厚労省調整 | トップページ | 慢性閉塞性肺疾患、「タバコが原因」の理解進まず・ファイザーなど調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乳幼児手当、1.5―2倍に増額へ・厚労省調整 | トップページ | 慢性閉塞性肺疾患、「タバコが原因」の理解進まず・ファイザーなど調査 »