« 福井県で知事の政策公約「センター試験平均点10位以内」のため、センター試験受験人数で教員加配 | トップページ | 赤ちゃん、6年ぶり増加 06年に108万人誕生 »

2006年12月31日 (日)

長寿のための10ヵ条

日本経済新聞で連載されている「食と長生き」12月31日分の見出しです。この中のその9で「長生きは勝ち取る」というのがありましたがその通りだともいます。
簡単にいくつかを挙げさせていただくと、その1「食塩を控えめに」、例としてマサイ族は元気だとありました。その2、「脂肪、特に動物性の取りすぎはよくない」日本人も穀物食から欧米風に移るにつれて生活習慣病が激増していますからね。
その5,「魚や大豆で良質なタンパク質を」、短命な地域はどこも魚を食べない。というのです。その7「食材をバランス良く」当然でしょうね。人間、単品食事では作れませんからね。健康情報を鵜呑みにして特定の健康食品に走って「健康障害」を被っている例が多発しているようですね。長い人生を乗り切るにはバランスの良い食事を。
その10「前向きに明るく楽しく」長寿地域はどこでもそうだそうです。後ろ向きでは寿命を縮めますからね。辛ければストレスで寿命を縮めますしね。
詳しくは日本経済新聞を読んでみてください。
この1年間、ありがとうございました。今日、書きました「長寿のための10ヵ条」を出来るだけ多く守って「健康」で来年も書き続けたいと思います。来年もよろしくお願いします。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 福井県で知事の政策公約「センター試験平均点10位以内」のため、センター試験受験人数で教員加配 | トップページ | 赤ちゃん、6年ぶり増加 06年に108万人誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福井県で知事の政策公約「センター試験平均点10位以内」のため、センター試験受験人数で教員加配 | トップページ | 赤ちゃん、6年ぶり増加 06年に108万人誕生 »