« 改革の足踏みが起こりつつあるのか | トップページ | 万病の元? 風邪 風邪と間違いやすいCOPD(慢性閉塞性肺疾患ータバコ病) »

2006年11月 4日 (土)

世界の危険人物はだれか

11月3日に朝日新聞のホームページの国際で見つけました。
イギリスの有力紙の一つのガーディアン紙の世論調査結果です。
対象者はブッシュ米大統領、金正日総書記、イランのアフマディネジャド大統領、アルカイダを率いるオサマ・ビンラディン容疑者などについてイスラエルの新聞社とともにおこなった調査です。
当然、イギリスとイスラエルでは結果が違うように調査国によって変わってくると思います。
それで、イギリスでは、オサマ・ビンラディン容疑者がトップ、2位にブッシュ米大統領につけており、金正日総書記、イランのアフマディネジャド大統領らより危険という結果が出たというのです。
あそこまで、目の敵にして演説し名指しされれば金正日総書記やイランのアフマディネジャド大統領はその期待に添うように行動することを選んだようですね。
イギリス人にとってはブッシュ米大統領が危機を煽っているように感じているのでしょう。
イラクの戦費については(http://www.netscape.com/viewstory/2006/09/07/-the-war-in-iraq-costs9/?url=http%3A%2F%2Fcostofwar.com%2Fwrappedindex.html&frame=true)をご覧ください。他にもこのようなサイトがあるはずです。壮大な無駄をしているようです。
ほかにも、温暖化対策をやらないと宣言してアメリカ自動車産業は虫の息ですね。ブッシュ大統領でアメリカが潰れるかもね。アメリカ人にとっても危険人物だと思うのですがどうでしょうか。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 改革の足踏みが起こりつつあるのか | トップページ | 万病の元? 風邪 風邪と間違いやすいCOPD(慢性閉塞性肺疾患ータバコ病) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 改革の足踏みが起こりつつあるのか | トップページ | 万病の元? 風邪 風邪と間違いやすいCOPD(慢性閉塞性肺疾患ータバコ病) »