« どうする「教育基本法」 | トップページ | “愛国心”って何ですか »

2006年11月13日 (月)

旧日本軍の韓国人遺族、戦地巡礼へ 日韓政府合意

これは朝日新聞のホームページで見つけた記事の見出しです。
ここにも日本のよくない点が未だに続いているという証拠みたいなものですね。
朝鮮を日本に併合して「日本臣民」として徴兵をおこないながら、戦後独立したから「はい、それまでよ」は無責任です。
戦後処理をしっかりしてきていないから、今頃になっても遺骨の返還や戦地巡礼の問題が起こる続けるのでは。
今回、初めて日本が韓国人遺族の戦地巡礼に協力するというとだそうです。
地道な戦後処理をしておけば、小泉元首相のあの行動でもあそこまで反発がなかったのではと思います。
自分のしたことは「笑ってごまかせ」、他人のしたことは「徹底的に追求せよ」では世間は通用しないと思うのですがね。
他人のしたことを「徹底的に追求」するためにも、自己反省が必要だと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« どうする「教育基本法」 | トップページ | “愛国心”って何ですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうする「教育基本法」 | トップページ | “愛国心”って何ですか »