« 介護の人材が逃げていく~誰が老後を支えるか~ | トップページ | 学習は知行一致(文武両道)で。 »

2006年10月20日 (金)

「できない」と「やらない」

10月20日の日経文化面「文化」は日本画家の南正文氏でした。子どもの時、事故で両腕を失われましたが、14歳の時、京都の大石順教氏(http://www.yy007.com/ohishi/)に弟子入りして日本画家への道を進まれました。
大石氏が「筆を口でくわえて描きなさい」という指導に対して「できない」というか「足で描きたい」と認めてくれなかったというのです。それで、口で筆をくわえて描き上げたというのです。
ここで南正文氏は「やらない」から「できない」のであって、「できない」と思いこんで「やらない」のなら「できない」ままになるという「できない」と「やらない」の違いを実感されたというのです。
ところで、今、練習とかすれば「できる」ことを「練習をやらない」で「できない」といっている場合が多くなるのではと感じています。人間、全てをできるようになるわけはないですが、何か打ち込んで「できる」ようになるということはできると思います。
でも、どの分野でも最初は上達が早いですが、ある程度上達すると停滞期に入ることが多いですね。そこで、諦めてしまえば「できない」ままですね。「やらない」から「できない」状態から脱出できないのではと思います。南正文氏の書かれた真意とはずれていると思います。済みません。
私も生きている間、常に何かに取り組んでいきたいと思います。で、今はといわれますと「この書き込みをより分かりやすくしたい」かな。未熟なもので読みづらい点が多々あると思いますが、今しばらくご容赦ください。
次のホームページに南正文氏の紹介があります。南正文氏の書かれた真意とはずれていると思います。
口と足で描く芸術家出版(http://www.mfpa.co.jp/shoukai/index.html)

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 介護の人材が逃げていく~誰が老後を支えるか~ | トップページ | 学習は知行一致(文武両道)で。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介護の人材が逃げていく~誰が老後を支えるか~ | トップページ | 学習は知行一致(文武両道)で。 »