« 失敗に学ぶ | トップページ | ハワイ州、喫煙制限の州法を施行へ »

2006年10月31日 (火)

アメリカのケンタッキー・フライド・チキンがトランス脂肪酸の使用取り止め

10月31日に日経のホームページにある「いきいき健康」の最新ニュースに出ていました。
トランス脂肪酸については以前にもその有害性について書いています。利点は何もないというのです。
不飽和脂肪酸にはシス型とトランス型があって、トランス型は人間にとって有害というのです。「トランス型脂肪酸」でYahooなどで検索していただければ、その有害性について書かれたサイトが多数出てきます。詳しくはそちらで調べてください。
その有害脂肪酸をアメリカのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は使用と取り止めると決定したとの報道です。
日本のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)はどうするのでしょうか。ハンバーガー・チェーンの米ウェンディーズも取り止めるというのです。マクドナルドは?
欧米では禁止または制限されるようになってきているのですが日本では胴なのでしょうか。
日本でも規制または禁止されるべきでしょうね。私は以前に書いたときからマーガリンの使用を止めました。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 失敗に学ぶ | トップページ | ハワイ州、喫煙制限の州法を施行へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 失敗に学ぶ | トップページ | ハワイ州、喫煙制限の州法を施行へ »