« 糖尿、がんになりやすく・男1.27、女1.21倍、厚労省調査 | トップページ | がん治療費、75%が説明不足・東北大調査 »

2006年9月28日 (木)

小学校の英語必修化について、伊吹文科相が慎重姿勢しめす

9月28日の日経社会面の記事によると、小学校での「英語必修化」をめぐり、伊吹文部科学大臣が『「美しい日本語が話せず書けないのに、外国語を教えてもだめ。必要は全くない」との考えを明らかにした。』というのです。そして、『「最低限の日本語などを身につけた上で必修化するのはよい」』と言われていますが、時期尚早との指摘です。
文部科学省や大臣のすることに批判的なことを「諸々の言いたいこと」で書いている場合が多いのですが、この件に関しては「日本語」の方が先ではと思います。最近のNHKニュースのアナウンスが「短い文」をつなげている感じがしています。書き言葉では「改行」を多用しているような感じです。これは、「日本語力」の低下に対する配慮かなと勘ぐったりしています。
この書き込みも常にどのように理解してもらえるかを考えながらしているのですが、大抵、時間に追われて書き上げアップしてしまっています。このおかげに表現について以前よりはよく考えるようになりました。今の子どもは改まった形での日本語による意思疎通の練習が不足しているのでは。どうして、不足の度合いが大きくなってきたのかについては分かりません。
学校でのテストや入試においてマーク式解答等で「論述式解答」が減ってきていることも日本語力の低下の一つの原因かもしれませんね。
日本語をしっかり使えることの方がほとんどの国民にとって重要だと思います。
明日はお休みさせていただくかもしれません。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 糖尿、がんになりやすく・男1.27、女1.21倍、厚労省調査 | トップページ | がん治療費、75%が説明不足・東北大調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糖尿、がんになりやすく・男1.27、女1.21倍、厚労省調査 | トップページ | がん治療費、75%が説明不足・東北大調査 »