« 民主代表選で小沢氏の無投票再選が決定 | トップページ | 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因 »

2006年9月13日 (水)

梅干しについて

9月9日日経プラスワンに梅干しについて出ていました。
こちらも以前の酢についてと同じようにいろいろ効能があるのですね。
抗菌作用というか感染を予防する効果も確認されていたり、疲労回復についても仕組みが解明されているのですね。
マクロファージなどの免疫細胞を活性化もするというのですね。
血圧を下げる作用を持つ物質が含まれていたり、血管を収縮させるホルモンの作用を押さえ、動脈硬化や肩こりを予防する可能性もあるというのです。
このほかにも科学的にわかってくる効能があると思いますが、昔から経験的に語り継がれていた効能が証明されつつあるということですね。
梅干しを日に1個は食べる方がよいようですね。玄米黒酢は対日飲んでいるのですが、梅干しはこの域は達していません。目標としたいです。
牛肉とかを沢山食べるより日本古来の食品を大切にしましょう。但し、塩分控えめで。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 民主代表選で小沢氏の無投票再選が決定 | トップページ | 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民主代表選で小沢氏の無投票再選が決定 | トップページ | 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因 »