« ニコチンが肺癌(がん)の成長を促進 | トップページ | 薬害肝炎九州訴訟、国と企業に賠償命令 »

2006年8月31日 (木)

がんの痛み緩和治療

朝日新聞のホームページで7月20日に「がんの痛み抑える薬の知識、医師の半数知らず」という記事が、8月28日に「がんの痛み緩和治療に重点 医師に薬物処方研修」というのがあるのを今頃見つけました。
日本の医師は医学部を卒業後、研修機会が少ないようですね。政府はもっと気楽に研修できる機会を作るべきです。そうしてこなかったからではないでしょうか。
がんの痛みには「モルヒネ」が一番効果があるというのです。欧米では、もうズーと以前から必要量が投与されているというのですね。このことは、アメリカの医師免許を取得された赤津氏の書かれたアメリカの医学教育事情の本にもでていました。
WHOのこの件へのレポートは20年ほど前に出ているはずです。ここにも、厚生労働省や関係者の鈍さがでているとおもいます。
そして、患者は痛みに苦しんでいるのです。赤津氏によると「患者が痛みによって苦しむのは医師の怠慢」とかいうようなことも書かれていました。
別に、このようなことは医学関係だけではないですね。教育関係でも見られます。アメリカで見つけられた子供のこと、多動性注意欠損とか学習障害などでも教育関係者への広がりはイマイチですね。これは、子どもとの対応の仕方を工夫する必要があるのです。無理解のままですと、単に落ち着きのないことか勉強のできない子というような判断で潰されていくことになります。
まあ、無知による被害者が出ないようになることを国がもっと予算をつけて早急に対策をおこなってほしいですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« ニコチンが肺癌(がん)の成長を促進 | トップページ | 薬害肝炎九州訴訟、国と企業に賠償命令 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニコチンが肺癌(がん)の成長を促進 | トップページ | 薬害肝炎九州訴訟、国と企業に賠償命令 »