« 保育園民営化でトラブル相次ぐ | トップページ | 禁煙の効用→「私はこうしてタバコをやめられたコンテスト」より »

2006年8月25日 (金)

惑星について国際天文学連合が新定義

新しい定義の詳細については関係のホームページに掲載されると思いますのでそちらを見てください。
冥王星付近からその外側(カイバーベルト)で冥王星程度の天体が発見され始めたことによるわけですね。
確かに冥王星は小さいですね。月より小さい。公転軌道でも新発見の結果、主たる星ではなくなってきているようです。
小惑星帯ほどではないと思いますが、結構星があるというのですね。
この惑星とかいう定義は人間が勝手につけているだけですね。他の分野においても研究が進むにつれて「定義」が修正されるというのは良くあることですね。
本もそれに応じて修正されれば良いわけだし、このタイプの定義ではそれ自体を受け入れないという選択肢もあると思います。まあ、法律などとは異なりますからね。
でも、主流の定義を理解しておく必要はあると考えます。そうしないと、人との付き合いで困る場合も出てくると思います。
いつまでも、何も考えずに古いことに固執していると置いてきぼりをくらうかもしれないということです。新旧両方の考え方、知識を取り入れて新しいより良いものを作り出していきたいですね。
これで、ホルスト作曲の「組曲 惑星」とぴったりになるわけですね。この点では今回の国際天文学連合の決定は良かったですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 保育園民営化でトラブル相次ぐ | トップページ | 禁煙の効用→「私はこうしてタバコをやめられたコンテスト」より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保育園民営化でトラブル相次ぐ | トップページ | 禁煙の効用→「私はこうしてタバコをやめられたコンテスト」より »