« 惑星について国際天文学連合が新定義 | トップページ | 母譲り?女子中高生の喫煙、吸わぬ親と1・8倍の差 »

2006年8月26日 (土)

禁煙の効用→「私はこうしてタバコをやめられたコンテスト」より

8月26日日経社会面の「窓」というコラムにありました。
日本禁煙学会(http://www.nosmoke55.jp/)が行った「私はこうしてタバコをやめられたコンテスト」で、吸い始めから禁煙した結果得られたものなどについての作文での審査結果が出ていました。
多くの方が応募されていたのですね。1位の方は「(禁煙で)これから先なんだってできる気がしてくる」と書かれているのです。もう一人の1位の方は「台本の執筆時間が早くなり、机の周りが清潔になった」というのです。
最初の方の作文の中で「シンプルな食べ物がおいしかった。」と禁煙で感じられるようになったとありました。喫煙中においしく感じたのは「化学調味料」などの調味料漬けの食品だったというのです。
「喫煙中、おいしく感じていた缶コーヒーの味が、禁煙で砂糖水の味しかしなくなった」このことも忘れないようにしようというのです。
まあ、日本禁煙学会のホームページで私はこうしてタバコをやめられたコンテストの受賞作品(http://www.nosmoke55.jp/contest/2006/contest2006gallery.html)を読んでみてください。
その方が私がいろいろ書くより良いのではと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 惑星について国際天文学連合が新定義 | トップページ | 母譲り?女子中高生の喫煙、吸わぬ親と1・8倍の差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惑星について国際天文学連合が新定義 | トップページ | 母譲り?女子中高生の喫煙、吸わぬ親と1・8倍の差 »