« 国際対がん連合のまとめによると喫煙で今世紀10億人死亡も | トップページ | 猛暑 »

2006年7月14日 (金)

サービス残業

7月14日の朝日新聞のホームページでこのことについての記事がありました。
相変わらず、多い感じですね。残業手当支給分も多いですね。どうにかできないのでしょうか。過重労働による能率低下や事故などが起こらなければいいですが。
ところで、以前日経に出ていましたがトリンプ・インターナショナルは何年か前から社長が率先して「ノー残業」を実践しているようですね。それで、好業績だそうです。
残業しているということがよい勤務状態かどうかは判らないですね。できれば、どこの企業も勤務時間内に仕事が終わるようになればいいと思うのですが、そうはならないと思います。
それでも、サービス残業はなくさせる必要があると思います。労働局に警察権に近い強制力のある調査権限を持たせて摘発させるぐらいでやらないとなくならないのでは。
この中には、仕事の自宅持ち帰り分も含めてほしいですね。政府は、労働には対価を支払うという当たり前のことが当たり前におこなわれるようにしてください。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 国際対がん連合のまとめによると喫煙で今世紀10億人死亡も | トップページ | 猛暑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国際対がん連合のまとめによると喫煙で今世紀10億人死亡も | トップページ | 猛暑 »