« 自由民主党総裁選始まる | トップページ | よく噛むことの効用 »

2006年7月30日 (日)

育児休暇 6年

30日付けの日経企業面にこのような見出しの記事が出ていました。
企業向けソフト開発のサイボウズがこの8月1日より育児・介護支援制度を拡充するというものです。
妊娠が判明した時点から産前休暇の利用もできるというのです。育児休業は子供が小学校に入学するまで何回でも、男女社員どちらでもというのです。
育児・介護休業法を大幅に上回る制度を導入する目的は「優秀な人材の確保」というのです。まあ、休職中は無休ですが。「原則として元の職場」だということです。
国もこのような企業を支援し、育児休業などが適切に利用できる体制を多くの企業に広めてほしいですね。子育ての邪魔をするような企業には罰則を。
それと、以前書きましたように「残業なし」でも企業は成長できるという例がありましたね。トリンプ・インターナショナルで、社長が率先して残業なしを実践しているということでした。
残業なしも子育てには大事なことですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 自由民主党総裁選始まる | トップページ | よく噛むことの効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自由民主党総裁選始まる | トップページ | よく噛むことの効用 »