« 猛暑 | トップページ | 少子化対策と残業なし »

2006年7月16日 (日)

トランス脂肪酸の有害性

7月16日付け日経健康面にこの「トランス脂肪酸」について出ていました。日本製勝井協同組合連合会のホームページ(http://jccu.coop/)にある「トランス脂肪酸(不飽和脂肪酸・食品原料)問題についてのQ&A(http://www.jccu.coop/jccu/news/syoku/syo_050413_01.htm)」も読んでいただければと思います。
欧米では、規制がすでに始まっていますが日本では「野放し」の状況ですね。多くの研究でこの「トランス脂肪酸」の有害性が指摘されています。なにか、薬害エイズなどの二の舞みたいな感じもしてます。
トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸に水素添加してつくられたりしています。植物油は通常では液体なのですね。それの融点を上げるためなどです。それとフライドポテトなどがこのトランス脂肪酸を多く含む油で揚げると萎びにくくなるというのです。比較的長い時間「パリッとしている」フライドポテトはこのトランス脂肪酸を多く含む油で揚げているのです。
マクドナルドでは、アメリカにおいてはトランス脂肪酸を含まない油に変えたというのですが、日本ではどうなのでしょうか。トランス脂肪酸(http://www.getwell.co.jp/tr.htm)というホームページを見てください。
ここには、必須脂肪酸(http://www.getwell.co.jp/hissu.htm)というのもありました。
その害ですが、心筋梗塞の発生率を高くするというものです。アメリカの調査では、トランス脂肪酸の総カロリーに占める割合が1.3%に対して2.8%になると3~4割増加するというのです。
日本では、喫煙や高血圧、糖尿病などのリスクをもっている場合発病の危険度が男性で3~5倍、女性で5~8倍になると日経にかいてありました。
日本でも欧米みたいな表示義務づけをしてほしいですね。それと食品を「見かけ」だけで購入するのは止めましょう。キュウリでも「コフキキュウリ」が見かけのよい今のキュウリに負けてしまいました。味は「コフキキュウリ」のほうがよかったです。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 猛暑 | トップページ | 少子化対策と残業なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑 | トップページ | 少子化対策と残業なし »