« 「パロマのガス瞬間湯沸かし器事故」の一酸化炭素と「たばこ」の一酸化炭素 | トップページ | メタボリックシンドロームの衝撃 »

2006年7月20日 (木)

昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀

これは朝日新聞のホームページ(7月20日)にあった記事の表題です。他のところでも同様の記事があると思います。
大日本帝国憲法の体制をはかしていったのは誰かということにつきます。その時、国民に無用な犠牲を強い、近隣諸国民に多大な被害を与えたのはだれですか。
国民あっての国であることを天皇陛下はよくご存じでした。だから、憲法違反になる玉音放送をされたわけですね。大日本帝国憲法下でも天皇は直接国事行為ができなかったと司馬遼太郎氏が述べられています。
天皇陛下をそこまで追いつめたのがA級戦犯であったと考えます。だから、靖国神社にA級戦犯が合祀されたことに天皇陛下が不快感を示されたのだと思います。
小泉首相は昭和天皇の心をどう思っているのでしょうか。首相はもうすぐ任期切れですね。そして議員も辞めてから「参拝」する分には何とも思いませんが、「首相」在任中は「公」「私」の区別はないのではと考えています。
大日本帝国憲法を潰した人々が「A級戦犯」だと考えています。戦争をしていなければ、日本は今でも「大日本帝国憲法」であったと思います。
本日、予定より早く帰ることができましたので書かせていただきました。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 「パロマのガス瞬間湯沸かし器事故」の一酸化炭素と「たばこ」の一酸化炭素 | トップページ | メタボリックシンドロームの衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パロマのガス瞬間湯沸かし器事故」の一酸化炭素と「たばこ」の一酸化炭素 | トップページ | メタボリックシンドロームの衝撃 »