« 環境ホルモン攪乱因子 | トップページ | 無期懲役と死刑 »

2006年7月 3日 (月)

たばこ値上げ

7月1日からたばこが値上げされましたね。これを機会に禁煙される方もおられるとのこと。禁煙、成功してください。
値上げ後の値段ですが、ヨーロッパと比べると、まだ、格安のようですね。あちらでは20本入りで1000円を超えるところもあるようです。
税収より「健康被害防止」を優先しての高価格でしょうね。
ところ、昨年、日本医学会は「喫煙は病気」と明確に打ち出し、会員の医師に「患者に喫煙者がおれば禁煙治療を受けるように勧める。」という勧告を出しました。
「喫煙はニコチン中毒」という薬物中毒なのですね。害については「煙草をなくし、安全に暮らせる社会を創ろう(たばこをなくそう)」(http://homepage3.nifty.com/u_tmame/)や他の多くのホームページにありますのでそちらをご覧ください。
金額的に高くはなっているのですが、今の価格でも経済などに与える悪影響のほうが大きいでしょうね。その最大のものは「健康被害」かな。そのほか、「たばこの火の不始末」による火災、喫煙による仕事の中断や酸素欠乏などによる脳の働き低下による仕事などの能率低下などによる損失ですね。
経営者の方、職場内や勤務時間中の喫煙をどうしていますか。喫煙所とかつくっていますか。それで、その喫煙時間をどう扱っていますね。アメリカでは「賃金カット」するところがあると聞いたことがあります。
この値上げをよい機会として考えてみてください。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 環境ホルモン攪乱因子 | トップページ | 無期懲役と死刑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 環境ホルモン攪乱因子 | トップページ | 無期懲役と死刑 »