« 夏バテの原因 | トップページ | 国際対がん連合のまとめによると喫煙で今世紀10億人死亡も »

2006年7月10日 (月)

アスベストによる中皮腫などの認定

アスベスト被害の中皮腫や肺がんは病状の進行がはやいということです。国の被害認定のための審議会で結論が出るまでに大勢の方が亡くなっているというのです。 過去の公害での被害患者認定でも繰り返されたことですね。認定基準の妥当性、最近水俣有機水銀被害の基準について裁判所から指摘されていますね。被害者に不利な基準になっていないでしょうか。監視が必要ですね。 審査期間、これも長いのが通例のようですね。被害認定の場合、遺族への慰謝料や損害賠償、どうなっているのでしょうか。7月10日のニュースでは心許ない内容になっていました。聞き違いならいいのですが、そうでない場合、遺族への賠償を明文化させたいですね。認定の引き延ばしの意味が大幅になくなりますので、迅速化されるでしょうね。 もっと、国民の立場に立った政治を、行政をおこなわせるように選挙の時には投票に行き、候補者が気に入らないときにはその対立候補に投票しましょう。これが、政治を国民の方を向かせる第一歩だと思います。 この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 夏バテの原因 | トップページ | 国際対がん連合のまとめによると喫煙で今世紀10億人死亡も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏バテの原因 | トップページ | 国際対がん連合のまとめによると喫煙で今世紀10億人死亡も »