« Windows98やMe、XPホームエディションのサポート打ち切りについて | トップページ | デミオにみるヨーロッパと日本・アメリカの安全への取り組みの違い »

2006年6月11日 (日)

がん予防と野菜

6月11日付日経の健康面にこのことについてありました。
結論からいうと「野菜や果物 毎日400グラム以上」かな。そうすると予防効果が期待できると。
さらにどれか特定の食材や栄養素だけでの予防は科学的な確証が得られていないというのです。
結局、いろいろな種類の野菜や果物を毎日食べましょう。野菜は毎食ごとがいいですよ。ということです。
植物繊維も効果があるのですが、ビタミンなども効果があるというのです。でも、特定の栄養素を過剰になるように摂取したときは予防効果どころか発ガン性を増すものもあるというのです。
この記事で紹介されていた本は『わかりやすいEBNと栄養学』(佐々木敏著、同文書院)です。ホームページは国立がんセンターのがんに関する情報(http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/index.html)です。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« Windows98やMe、XPホームエディションのサポート打ち切りについて | トップページ | デミオにみるヨーロッパと日本・アメリカの安全への取り組みの違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows98やMe、XPホームエディションのサポート打ち切りについて | トップページ | デミオにみるヨーロッパと日本・アメリカの安全への取り組みの違い »