« 中皮腫の8割が石綿原因、労災病院が調査 | トップページ | Windows98やMe、XPホームエディションのサポート打ち切りについて »

2006年6月 9日 (金)

少子化対策と女性の再就職

本日の朝日新聞ホームページに『「労働力不足、女性の再就職で緩和」 男女共同参画白書』のがありました。
産休や育児休業をまともにとれるようにし、結婚や妊娠などで女性をいびってきたツケでは。子育てしながら正社員で働ける環境というものを国や多くの企業が考えていなかったことや正規社員の中途採用に消極的であった姿勢が少子化とそれによる労働力不足ということを引き起こしたのだと思います。
正規社員での再就職が子持ちでもし易い環境ができていれば、今の産休や育休程度でも出生数は増えているような気がします。
とにかく、男の経営者、管理職の無理解と国などの無策のツケは大きいですね。
優良企業は女性の使い方の上手なところが非常に多いというのです。育休も取りやすく、その復帰も考慮しているといいます。
政府は、子育てを支援し現実に多数の育休取得者の出ている企業に税制上の優遇や奨励金、補助金を支出するようにすべきです。
逆に結婚や妊娠で退職(陰湿な嫌がらせによる見かけ上自発的を含む)を迫ったり、子育てを妨げるような企業からは罰金および経営者や懲役などを課してもよいのではと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 中皮腫の8割が石綿原因、労災病院が調査 | トップページ | Windows98やMe、XPホームエディションのサポート打ち切りについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中皮腫の8割が石綿原因、労災病院が調査 | トップページ | Windows98やMe、XPホームエディションのサポート打ち切りについて »