« 元気な生活のコツ | トップページ | 経済同友会、靖国神社への首相参拝に「再考求める」 »

2006年5月 9日 (火)

メタボリック症候群1300万人

これは5月9日の日経社会面にあった記事の見出しです。
「メタボリック症候群」とは「内臓脂肪症候群」です。肥満に加えて、血中脂質、血圧、血糖が高い状態をいうのだそうです。
ここの数値がそれほど悪くなくても、重なれば心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病に危険性が高いというのです。
それが、男性では40歳以上で2人に1人、女性でも5人に1人が有病者か予備軍だそうです。多いですね。
これが週に一度でも運動する習慣のある人になると男性で30%ぐらいになるというのです。でも、まだ高いと思います。明らかに運動不足の栄養の取りすぎでしょうね。だから、少しぐらい運動してもなかなかという感じかな。でも、運動しない人よりよほどましですね。ですから、運動しない人は50%より高いということになりますね。
男性ではウエストが85cm以上でBMI(体重を身長の二乗で割った数字)が25以上を肥満型が29%もいるのですね。
私など「目指せウエスト76cm」を実行中です。現在79cmのズボンが楽々です。
大きな原因は、「筋肉は使わなければ衰える」ということの意味を理解できていない人が多いことにもよるのでは。骨格筋は体内でのエネルギー消費に大きな役割を果たしています。それが衰えるということはエネルギー消費も減少するということでしょうね。摂取量が同じままなら、「肥満」ですね。それも内臓脂肪型のね。
適切な運動と摂取カロリーのバランスを考えていく必要がありますね。健康で寝たきりなどにならないようにするために。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 元気な生活のコツ | トップページ | 経済同友会、靖国神社への首相参拝に「再考求める」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気な生活のコツ | トップページ | 経済同友会、靖国神社への首相参拝に「再考求める」 »