« 5月31日は「世界禁煙デー」その8 バージャー病 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その10  煙草の害まとめ »

2006年5月31日 (水)

5月31日は「世界禁煙デー」その9 肺ガンなど

本日が「世界禁煙デー」ですね。結構早くからいわれていた害「癌」についてです。
喫煙によるがんの部位別の死亡におよぼす寄与率、咽頭がんで65%ぐらい、 肺がんで75%ぐらい、喉頭がんで95%ぐらい、口腔がんで60%ぐらい、食道がんで半分ぐらい、膀胱がんで30%ぐらい、肝臓がんも30%ぐらい、すい臓がんも30%ぐらい、胃がんで25%ぐらい、脳腫瘍も25%ぐらい、直腸がんで15%ぐらいです。  「からだの科学」No183 たばこの医学 より
いろいろな癌がありますね。ほぼ全身といってもいいぐらいの種類の癌ですね。
他の要因もあると増幅されて寄与率が向上するでしょうね。せめて自身で発ガン性物質を発生させたり、取り込んだりするのを喫煙者は止めた方が良いと思いますがいかがなものでしょう。
非喫煙者にとっては迷惑至極で癌や昨日のバージャー病、COPDなどにもとばっちりでなる可能性があるわけですね。
癌になって手術で摘出できても肺ガンなら肺はその分減りますよ。喫煙者は呼吸機能が喫煙によって低下しているのですから、運動制限などになりやすいですね。発見が遅れればあの世行きの可能性が高いですね。
初期の癌は痛みやその他の自覚症状はないですよ。だから、手遅れになりやすいですから気をつけてくださいね。よって、「煙草はすわない」が一番ですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 5月31日は「世界禁煙デー」その8 バージャー病 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その10  煙草の害まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月31日は「世界禁煙デー」その8 バージャー病 | トップページ | 5月31日は「世界禁煙デー」その10  煙草の害まとめ »