« 教育基本法改定案 | トップページ | よい汗をかきましょう »

2006年4月14日 (金)

東洋アルミ仏工場「移転反対」議員に大統領が協力表明

4月14日のNIKKEI.COMにあった記事の見出しです。内容はフランスにある東洋アルミの工場新設計画に関して、現在工場のある方の地域選出議員の活動が大統領を動かしたというものです。
「新設」をきっかけに工場全体がその新設されたところに移転してしまうことを恐れてです。今は、景気がよくても製造業は「適地」を求めて移動してしてしまうというのです。
欧米諸国は自国内あるいは自州内を「適地」と思ってもらうために努力をしています。工場は進出してくれば「雇用」が増加しますね。工場の直接的分だけではなく、周辺部でも増加します。
それによって、多くの利点があることを分かっているからでしょう。
それに引き替え、日本の対策は控えめですね。そして、工場が少し戻ってきただけで「法人税増税」とかいっている人々もいます。失業者の減少の方が税収や税金の支出については単純に「増税」するより効果が大きいでしょうね。それに「正規雇用者」の増加は地域を明るくすると思うのです。
日本の政府は日本が全世界相手の大競争をしていることをもっと認識してほしいです。この法人税に関しては小泉首相はまともかなと思います。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 教育基本法改定案 | トップページ | よい汗をかきましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教育基本法改定案 | トップページ | よい汗をかきましょう »