« ヤコブ病 アメリカで集団発生か | トップページ | 原油高、天然ガス高でガス料金は値上げ、電力会社は影響に違いが »

2006年4月26日 (水)

教育基本法改正案上程に関して

先日、連立与党内で教育基本法の改定に向けて合意が成立したようですね。まあ、今国会に上程する気のようですね。
朝日新聞のHPによると、「教育基本法改正案 上程差し止め求め提訴」が起こされたというのです。
問題は日本の国体を潰した人物を拝みにいくような首相の下でおこなわれると言うことにあると思います。
あの当時も「愛国心」というものが非常に強調されていたはずです。現実は「国体護持」を叫びながら、大日本帝国憲法を潰しましたね。
あの当時、アメリカ大統領は、ドイツに宣戦を布告したがっていたようですが、アメリカ国民は「反戦」というか「非戦」というかそのような状況だったと聞いています。
それで、日本を挑発していたのでは。その挑発に先の見込みもなく簡単にのってしまったのがあの13人を筆頭とする軍部だったはずです。この軍部上層部は「愛国心」を叫びながら、天皇陛下に死の覚悟までさせたわけです。
そのようなことも考えていないようなので、「歴史は繰り返す」恐れが非常に強いと思っています。今度、先の大戦みたいなことになれば、天皇制廃止でしょうね。だから、「歴史をかがみ」として、先の大戦みたいなことを起こさないようにするにはどのようにすればよいかを考えるのが先決だと思います。日本を潰さないために。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« ヤコブ病 アメリカで集団発生か | トップページ | 原油高、天然ガス高でガス料金は値上げ、電力会社は影響に違いが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤコブ病 アメリカで集団発生か | トップページ | 原油高、天然ガス高でガス料金は値上げ、電力会社は影響に違いが »