« 東洋アルミ仏工場「移転反対」議員に大統領が協力表明 | トップページ | 有酸素運動をおこなう前に »

2006年4月15日 (土)

よい汗をかきましょう

4月15日日経「Plus 1」で汗のことが出ていました。
以前から日経でもたびたび取り上げられていたことですが、「汗腺は使わないと使えなくなる」ということです。
汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類あるそうです。
普通に全身に分布してるのがエクリン腺で、脇の下などに局在しているのがアポクリン腺だそうです。
「ワキガ」の正体はアポクリン腺が分泌する汗に多く含まれる脂質が皮膚の常在菌によって分解されるからだそうです。
現在の日本人はエクリン腺の汗も臭う可能性が高いというのです。理由はエアコンの普及で汗をかく機会が減少して汗腺の働きが悪くなり、活動できる汗腺が減少するだそうです。
汗をかく必要に迫られたとき、残された汗腺がフル稼働して十分に濾過されていない汗をかくからだというのです。そうすると「臭い」の強い汗になるというのです。
上手に汗をかくためには「汗腺トレーニング」が必要です。いくつか方法はあるみたいです。
高温手足浴(43~44℃のお湯にひざ下とひじからしただけ入れる)を10~15分して、微温浴(ぬるいお湯をたして36℃ぐらい)で全身または半身浴するというのが載っていました。
もっとも、子供のときから汗腺を訓練していないとよい汗をかくのが難しくなるようです。子供に適度に汗をかかす必要もあるようです。でも、脱水症状には気をつけてくださいね。
上手に汗をかける人は夏バテ知らずです。エアコンもほどほどにね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 東洋アルミ仏工場「移転反対」議員に大統領が協力表明 | トップページ | 有酸素運動をおこなう前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東洋アルミ仏工場「移転反対」議員に大統領が協力表明 | トップページ | 有酸素運動をおこなう前に »