« 健康に関する情報 | トップページ | 国立大学医学部入学者の出身高校 »

2006年3月13日 (月)

男性型脱毛症

大きな原因は、男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロンだそうです。このホルモンが毛の根元の細胞に作用すると毛の伸びる成長期間が短くなったり、抜けて再び生えるまでの休止期間が長くなるというのです。
この男性型脱毛症の治療薬「フィナステリド(製品名プロペシア」が登場したそうです。テストステロンをジヒドロテストステロンに変える酵素を阻害するというのです。詳しくは「育毛剤【aga】-抜け毛、薄毛(うす毛)、男性型脱毛症対策」(http://aga-news.jp/index.html)をご覧ください。
治療薬が合ったとしても日頃の手入れが大切ですね。抜け毛を予防するには禁煙やバランスのよい食生活を心がける必要があるというのです。
シャンプーは適度にする必要があるというのです。少なくとも2日に1回は洗髪した方がよいのです。
血行をよくするのも必要ですね。ところが、喫煙は血管を収縮させますので髪にはよくないのです。血管を収縮させるというのは体の至る所でよくないですね。
喫煙をして「抜け毛」を増やそう。→禁煙したら抜け毛の程度が少なくなるということですね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 健康に関する情報 | トップページ | 国立大学医学部入学者の出身高校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康に関する情報 | トップページ | 国立大学医学部入学者の出身高校 »