« 国立大学医学部入学者の出身高校 | トップページ | ファイル交換ソフト「ウィニー」による資料流出多発 »

2006年3月15日 (水)

失業保険受給者ピーク時の半数14日の日経一面のトップ記事の見出しの一つです。14日の日経一面のトップ記事の見出しの一つです。

14日の日経一面のトップ記事の見出しの一つです。
そのほかの不況対策というか、企業や動労者などに対する「安全網が『機器モード』脱した」ようである。
景気回復が主要な要因と思いますが、どうして景気が回復してきたのか。
いろいろなことが考えられます。借金体質から銀行や企業が脱することができてきたり、とかが考えられます。
ども、工場がどこに造られるかが大きいですね。ですから、東海地方が自動車産業の活況でよいですね。東京は日本の体質の関係もあって本社が集中してきていることに夜でしょうね。
地方においては、本社機構が東京移転などで寂しくなってきているところがあります。代表例が大阪かな。近畿の回復は関東や東海に比べて遅いですね。
企業が工場の海外立地より国内回帰をさせ始めています。この要因に「法人税率」などのが海外に比べて高くはなくなったということもあるようです。
工場が増える→雇用や税収増→失業保険などの給付減少、治安の回復(警察経費などの減少)→財政の健全化
など、よい方向に回転していく可能性があると思うのです。ですから、各国は工場の取り合いをしているのでは。
法人税率の極端に低いのは問題ですが、高すぎるのも企業の海外流出を招いて、財政悪化を招くのでは。
日本の財政赤字は硬直的な財政運営によるものです。行財政の中身の吟味と改革を。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 国立大学医学部入学者の出身高校 | トップページ | ファイル交換ソフト「ウィニー」による資料流出多発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立大学医学部入学者の出身高校 | トップページ | ファイル交換ソフト「ウィニー」による資料流出多発 »