« たばこ規制枠組み条約 第2回 | トップページ | たばこ規制枠組み条約 第4回 »

2006年2月22日 (水)

たばこ規制枠組み条約 第3回

ニコチンの害について

2月27日で「たばこ規制枠組み条約」が発効して1年になりますので、たばこの害でしばらく続けます。
2004年12月2日より再掲です。
昨日に続き、たばこの害についてです。もっとも「タバコをなくそう」や「煙草をなくし、安全に暮らせる社会を創ろう」をご覧頂ければ大体書いてあります。
ニコチンの害についてです。本当に詳しくお知りなられたい場合は薬理書や医学書などでお願いします。
習慣性があります。煙草が止められない最大の理由がこれによるようですね。そして、ニコチンの作用によって「煙草を美化」してしまうことになってしまいます。
血管収縮作用ですね。全身で起こるようですね。血の巡りが悪くなるので心臓に負担がかかりますね。血管の損傷の可能性が大きくなり、心筋梗塞や脳出血などの引き金になります。
運動の時にも負担が増します。
などなど。
こういうことですので、日本医学会は「喫煙は治療する必要のある病気」としたわけですね。医師に対して、「何らかの病気で診察にきた患者」が喫煙している場合、禁煙治療を受診するように勧めることを勧告しています。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« たばこ規制枠組み条約 第2回 | トップページ | たばこ規制枠組み条約 第4回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たばこ規制枠組み条約 第2回 | トップページ | たばこ規制枠組み条約 第4回 »