« 無形の力「観察力」「分析力」「判断力」 | トップページ | 国立大学の格差 »

2006年2月 6日 (月)

植物繊維の大腸ガンへの効果

昨日(5日)の日経健康面「なるほど予防学」のテーマでした。
いろいろな研究で抑制効果については疑問視されたのですが2003年のヨーロッパで52万人を対象にした研究で、植物繊維の摂取量が多いほど大腸ガンのリスクが低くなり最大で25%抑えられたという報告があるというのです。
昨年末のヨーロッパの73万人を対象にした調査では、予防効果は認められなかったが、1日10g未満しか摂取していない場合、リスクが上昇したことが示されたそうです。
もっとも、植物繊維は心臓病や糖尿病予防によいとされているのですから、摂取量が少ないとこれらのリスクも上昇するわけですね。
ですから、便秘解消にもなり、美容にもよいのですから植物繊維をある程度以上摂取し続けることがよいのでは。植物繊維を多く摂取しても喫煙したら台無しですがね。
早く年寄り同様のお肌になりたいのなら、喫煙して植物繊維は少なめに栄養のバランスを崩せばと思います。
喫煙は大腸ガンのリスクも上昇させます。

メールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 無形の力「観察力」「分析力」「判断力」 | トップページ | 国立大学の格差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無形の力「観察力」「分析力」「判断力」 | トップページ | 国立大学の格差 »