« たばこ規制枠組み条約 第5回 | トップページ | たばこ規制枠組み条約 第7回 »

2006年2月25日 (土)

たばこ規制枠組み条約 第6回

美容への悪影響

2月27日で「たばこ規制枠組み条約」が発効して1年になりますので、たばこの害でしばらく続けます。
2004年12月4日より再掲です。
美容への悪影響があります。そばで吸われるだけでも影響があるそうです。健康なお肌を維持するためには煙草は禁物です。
歯に対する影響も大きいです。歯周病などで歯が抜け、「入れ歯」に非常になりやすくなります。そうすると、食事をおいしく食べれなくなるわけですね。お肌へも栄養の過不足で影響が出るでしょうね。やはり、自前の歯による健康美というのが一番ですね。
煙草を止められるかどうかは、ニコチンなどの禁煙補助の製品が多数出ていますので「本人の考え、意志」次第ですね。普通、学習の効果があれば、「吸い始めない。」または「禁煙できる」はずです。要は「学習の意味」や「学習に対する考え方」にも行き着くと思います。
「知行一致」であれば、禁煙できますよ。「文武両道(文は知識など。武はその知識による行動)」でもね。

この書き込みのメールマガジンの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« たばこ規制枠組み条約 第5回 | トップページ | たばこ規制枠組み条約 第7回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たばこ規制枠組み条約 第5回 | トップページ | たばこ規制枠組み条約 第7回 »