« 最近の判決の傾向 | トップページ | 成人喫煙率に目標値 »

2006年1月26日 (木)

JR九州が喫煙席廃止へ 07年めど、JRで2番目

今月の13日にyahooでしたか、そこのホームページで見つけました。共同通信の配信です。
JR北海道について2番目だそうですね。すると、本州3社や四国はどうするのでしょうね。
理由の一つに特急のスピードアップでほとんどが3時間以内で目的地まで到着できるようになるからとあります。
航空機の国際線はどうなのでしょうか。先進的なところは時間にかかわらず全面禁煙ですね。
ここらにも日本の取り組みの遅れが出ていますね。その中でJR九州は早い方となります。ほかも早くしてほしいですね。
どこでも私みたいな副流煙の被害者となる人がいるのです。このようなことは全面禁煙でなくなるのです。
喫煙者を少しでも少なくする取り組みとして有効性があるのが「学校全面禁煙」というのがあります。
確実に生徒の喫煙率が低下するとのことです。病院全面禁煙もですね。
遅れているのが飲食関係では。喫煙は本人の味覚や嗅覚を麻痺させるだけではなく、周りの者の味覚や嗅覚も損ないます。
おいしい食事を提供する気があるのなら、全面禁煙か気流も考えた分煙をしてほしいですね。

メルマガの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 最近の判決の傾向 | トップページ | 成人喫煙率に目標値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の判決の傾向 | トップページ | 成人喫煙率に目標値 »