« コレステロールとあるタンパク質について | トップページ | BSE危険部位混入 »

2006年1月23日 (月)

知事が全館禁煙の病院で喫煙

これは先週19日にyahooのホームページで見つけました。共同通信の配信です。
喫煙した知事も知事ですが、灰皿は「病院が用意」したとありました。この病院の意識も非常に問題ですね。
喫煙した日は昨年11月24日です。この日は日本医学会が「喫煙は病気」として医師は喫煙者に対して禁煙治療を受けるように勧めるとのガイドラインを制定したあとですね。
ここの医師は喫煙がどのような害があるのか認識できていない可能性がありますね。ガンだけと思いこんでいる可能性です。
COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)やその他多くの病気や味覚や嗅覚の障害などですね。
喫煙は非常に多くの病気の原因になります。昨日のコレステロールの話にも出しましたね。
心筋梗塞や脳梗塞などの引き金にもなります。そのようなことをわかっていないのでしょうね。この病院はと思いました。

メルマガの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« コレステロールとあるタンパク質について | トップページ | BSE危険部位混入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コレステロールとあるタンパク質について | トップページ | BSE危険部位混入 »