« 似たもの同士小泉首相とブッシュ大統領 | トップページ | 脂肪細胞を太らせると »

2006年1月29日 (日)

たばこの煙は大気汚染物質

これは昨日の日経社会面にあった記事の見出しです。
カリフォルニア州大気資源局がアメリカの州で初めてたばこの煙を「有害大気汚染物質」に指定したというものです。
間接喫煙によるたばこの害を認めたもので、今後規制の強化の検討にはいるそうです。
公園やビーチといった公共の場所や子供が同乗する自動車内が禁煙になる可能性があるというのです。副流煙の被害者としては、もっと、規制をと思うのですがね。
日本では、そでに一部自治体で歩行喫煙禁止や海水浴場禁煙が実施されています。
たばこ規制では、アメリカの先頭を行くカリフォルニア州の今回の処置がアメリカ全土に広がっていき、日本も先進地域から全土に広まることを期待しています。
喫煙者自身の害も大きいのですが、間接喫煙の害も甚大です。

メルマガの申し込みはhttp://www.mag2.com/m/0000180983.htmlでお願いします。

|

« 似たもの同士小泉首相とブッシュ大統領 | トップページ | 脂肪細胞を太らせると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 似たもの同士小泉首相とブッシュ大統領 | トップページ | 脂肪細胞を太らせると »