« 明日から師走 | トップページ | 12月2日分の写真 »

2005年12月 1日 (木)

構造計算偽装の発覚の経緯

ニュースを聞いていると、やはり、建築業者の勘という感じですね。まともな業者なら「おかしい」と感じるのですね。今時、建築基準法の基準を大幅に上回る強度で建築する業者なんていないでしょうね。大半は建築基準法はギリギリで守っているということですね。普通より鉄筋とかが少なかったり、柱が細かったりでしょう。
だから、多くの建築を施工していたら感づくはずですよ。この建築業者が別の設計業者に検査を求めた結果、発覚ですね。気づかない業者の方がおかしいと思うのです。
ですから、今回のケースの建築に関わった設計業者、建築業者、検査業者などのどれもが何らかの故意、もしくは過失をおこなったわけだと思います。

|

« 明日から師走 | トップページ | 12月2日分の写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日から師走 | トップページ | 12月2日分の写真 »