« 木材の乾燥について | トップページ | 日本の総人口も減少 »

2005年12月26日 (月)

スマトラ沖地震から1年

本日で1年になりました。スマトラ沖大地震とインド洋津波による被害は甚大でしたね。
日本でも、津波で大きな被害を受けたり、地震で大きな被害を受けるたびに対策が進んできましたね。インド洋沿岸諸国の津波対策も拡充されてきましたが。「災害は忘れた頃にやってくる」ということばもありますので息の長い対策が必要ですね。
日本でも、阪神大震災などでビルや高速道路が倒壊したのに「構造計算偽装」されたりしていますね。パキスタンの地震では震源地から離れたイスラマバードでマンションが倒壊しましたね。この建物と同じような危険な建物が多数建築されてしまったわけです。
地震はいつ起こるかはわかりませんし、ビルは逃げることができないわけですね。地道に対策をするしかないのです。その対策の一つが建築基準法の強化だったのですが、守られていなかったわけですね。「安物買いの銭失い」にならないためにも、第三者機関による検査も受けた物件を購入するようにしようではありませんか。いまのところ、財団法人住宅保証機構<http://www.ohw.or.jp/index.htm/>による住宅性能評価というのが頼りかな。自分で建築士に依頼する方法もありますけどね。企業などは自前で検査ということでしょうか。
昨日も突風が原因と見られる脱線事故がありましたね。災害はいつどこで起こるかわかりませんので、常に出来うる限りの備えをしておく方が良いと思います。

|

« 木材の乾燥について | トップページ | 日本の総人口も減少 »

コメント

初めまして
インド洋地震からもう一年たったんですね
亡くなられた方にご冥福を祈ります
私の知り合いも当時そこに居ました
命からがら助かったんですが、今もその時のことが
トラウマになって寝れない日が続いているようです
今年は、国内でも地震の被害が多かったですよね
来年は、どんな年になるんですかね
災害から免れいい年になってくださいね
ぜひ遊びにきてくださいね

投稿: なお | 2005年12月26日 (月) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木材の乾燥について | トップページ | 日本の総人口も減少 »