« 今日は遅くなりました。 | トップページ | タクシーの禁煙について »

2005年12月20日 (火)

構造計算偽装強制捜査

本日、警察による強制捜査が100カ所以上で同時におこなわれましたね。元建築士一人の犯罪ではないと見ている証拠ですね。
某建築会社には順法精神がなかったのかな。新しい建築工法とか本当かなと思います。どうして新工法が広まらなかったのかな。新工法とかいっても部材の革新はなかっがなければ、構造には大きな変化がないと思うのです。加重を支えるのが鉄筋コンクリートや鉄骨なら従来工法を同じぐらい必要では。だから、某建築会社では基準法違反の認識があったのではと思います。だから、それに集った某研究所なども同罪かな。
そのあたりを解明してほしいですね。
その捜査状況によって、国会はどう対応するのかな。どちらかが偽証しているので是非偽証罪で告訴してほしいですね。
建築基準法の罰則規定の最高刑を大幅に引き上げてほしいですね。その他の犯罪でも、この点は引き上げてほしいものが多いですね。で、ヨーロッパの一部の国のようにいろいろな犯罪の刑の足し算制度や終身刑を検討して導入してもいいのではと思います。ただ、死刑は疑問があります。日本はまだ冤罪というのがなくなっていないと思うからです。今でも、ごくまれに真犯人がぴょっこり現れたり、日本の裁判で検察側敗訴がありそのときの判決理由などから考えると「死刑」というのは執行してほしくない面があります。

|

« 今日は遅くなりました。 | トップページ | タクシーの禁煙について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は遅くなりました。 | トップページ | タクシーの禁煙について »